医師の向学心

人の生命のプロフェッショナルである医師になるため、そしてプロであり続けるためには、医師には常に学び、技能を自己研鑽していく向学心が非常に重要です。

医師になるためには、高等学校卒業後、大学の中でも難関と呼ばれる医学部へ進み、医学に関する専門的な学業を6年間積まなければなりません。1年次は英語や自然科学系、基礎医学の導入部などを学び、2年次になると基礎医学の素となる解剖学、組織学、生理学、微生物学、病理学などを、実習を交えて知識修得と理解に努めます。

3年次には各臓器に特化した病態を細かく学び、4年次に入って病態や症例の治療法・改善への方策を考える授業に入ります。法医学や東洋医学など社会医学的分野の講義も加わり、医療人としての幅広い見識を深めます。期末にはCBT・OSCEと呼ばれる共用試験が行われ、臨床実習の可否が決まります。

5年次から6年次前半は大学病院などで臨床実習がスタートし、卒業試験、医師国家試験、卒業、2年間の研修医研修を経て医師としての道を歩き始めます。こうして見ると医師への道はひたすら‘勉強’という印象ですが、医師に求められる学びの心は医師になるまでに止まりません。

医学・医療という世界は日進月歩で進化発展しており、新しい医療技術やより有効な治療法は常に全世界でアップデートされています。極端に言えば、今日まで治すことができなかった病気が、飛躍的な治療法の開発で明日には治る病気になるかもしれない可能性がある世界なのです。

医師には医学・医療を自ら学び、臨床現場にフィードバックし、より良い治療法を見出して行くことが求められます。プロフェッショナルな職業である以上、そのスキルを常に磨いておくことは当然でもあるのです。そして医学・医療が前進する中で生命を救う最善の方策を考え抜いていくことは、医師に課された最大のミッションであり、専門的な最新の知識と技能の積み上げと自己研鑽は‘医師になる’ことを決めたその瞬間から終わりのないスタートが始まっていると言えるでしょう。

人の生命を預かれるだけの有能な技能というものは、決して一朝一夕にして得られるものではなく医師たちの、無限の努力の上にあるのです。優秀な医師であればあるほど向学心は強く、関係する学会への積極的な参加、海外からの研究論文や文献の取り寄せ、専門書籍・WEBサイトなどあらゆる情報ツールを使って有益な情報の収集に努め、最善の治療法を日夜考えているのです。

呼吸器内科医の求人最新情報はコチラ!

Copyright (C) 2007-2017 医師の結婚事情. All Rights Reserved.